browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

膝の痛みを知るには膝を知ろう。

簡単に膝を説明しますと、足の関節部分です。

この関節が曲がることにより、人間や動物が歩行する事ができます。

さてこの膝ですが、歩く際には非常に滑らかな動きをします。

それは半月板と言われるクッションがあり、それが人の体重を支える基礎となっているわけです。

そして半月板とその骨と骨を靱帯と呼ばれる紐状組織が結合させているわけです。

要は、骨と骨の間に間接軟骨と半月板があり、それらを四本の靱帯で連携させているのが膝だと考察することができるでしょう。

膝の痛みと戦うには、膝のそもそもの仕組みを知ることが重要なことなのです。

どの部分から膝の痛みが発生しているのかを知るのはよい事だと考えます。

しかしながら、ここに記述している事は本当に省略した膝の仕組みしか書いていません。

本当は半月板や間接軟骨の他にも軟骨組織があり、潤滑剤を出している細胞もあるのです。

それでも膝の故障はこの間接軟骨や半月板損傷と靭帯損傷によるものが多いので、簡単に説明を書いています。

若い人も年をとった人も大抵の膝の故障は間接軟骨損傷や半月板損傷や靭帯損傷に由来するものでしょう。

先ほどの記述でも書かれてあるのですが、半月板の他にもクッションとしての軟骨組織が膝を守っていますが、その軟骨組織がすり減ってくることから生じる病気が変形性膝関節症というものです。

この病気が進行してくるとやがては半月板にまで異常をきたし、しまいには骨と骨をを削ることもある厄介な病気です。

膝の痛みの大半がこの変形性膝関節症と言われています。

膝の痛みがでてきたなと感じたならまずこの病気を疑うとよろしいでしょう。

但し一過性のこともあり様子をみる必要もあります。

さて、このようにして膝の仕組みを知ると、なんだか人間って凄いなと考えてしまいます。

天然のボールジョイントのような仕組みを持つ関節と、それをうごかすとギミックは見事という他ありません。

しかもボールジョイントの関節はすり減ってきて交換を余儀なくされるのにたいして、人の関節はいつまでも交換しなくてもいいわけですから、驚嘆するしかありません。

膝の痛みガイドを見る

しかしながら、やはり故障はおこってしまうわけです。

そんな膝の痛みに関する詳しい情報は上記のサイトにて記述しております。

どうぞ、ご参考下さい。


© 2015 膝の痛みからの開放へ